2008年02月09日

春の新作・雑誌掲載

お知らせです☆

2月16日に発売の
季刊・ベストフラワーアレンジメント2008春号に
プルミエの作品が5作品掲載される予定です。

こうした機会があるごとに
新しい作品が少しずつ増えていきます。

よく生徒さんや講師の方から
『どうやって作品を考えているんですか?』
と聞かれることがあります。

今日はそのことを少しお話させて頂きますね♪



新しいデザインや、アイデアは
ふとした時に思いつくことが多いです。

意外と花以外のことをしている時に...
ということも多いので、
すぐにノートに書き留めるようにしています。

思いついたデザインやアイデアは、
部分的にでよいので、簡単にスケッチして残し、
注釈を少しだけ付け加えておくようにしています。

あまり完璧にしてしまうと、
そこから発展しづらくなってしまいますので、
完成画である必要はないと思います。

その中から今回は、このデザイン、とか
このアイデアを活かしてみよう、
と作品に取り掛かることがあります。

思いついた『言葉』をメモすることもあります。
作品のイメージを感じさせるようなフレーズなど、
『いいな』と思ったものを、メモしています。

作品のコンセプトを決めるときなどに
こんなこと...と思うようなことが
後で役立つことがあったりするんですよ...♪


それとは別で、素材からアイデアを出していくこともあります。

気に入った素材を目の前にすると
作品のアイデアがいろいろと浮かんでくることがあります。

例えば今回の新作は『素材』から入ったパターンです。
気になる素材は取り寄せて、
いつでも使えるようにしています。


そして実際に作品として形としていくうえでは、
いろいろなジレンマが生じることがあります。

自分の思い描いていたものと違っていたり、
個性を出そうとしすぎて、
作品にまとまりがなくなってしまったり。

自由にデザインをするということは、
楽しいけれども、難しい作業に感じることもあると思います。

でもそれをその時点で諦めてしまったり、
これでいいや...と妥協してしまうと
それ以上に良いものができる機会を逃してしまうと思います。


どんな作品を作る時も、自分の中で納得できるまで
作品に向き合うことは大事なことだと思います。

すると少しずつ自分の方向性、自分の作風というものを
1つのスタイルとして確立させることができると思います。

なかなか簡単にはいかない作業ですが、
でもだからこそ楽しいのだといつも思います。


これからの皆さんのプリザーブドライフが
もっと素敵なものになりますよう、
拙い文章ではありますが、
何か役立つようなアドバイスができたらと思っています。


今回の新作についてはまた次回にでも...♪

Flower Salon Premier
posted by premier at 10:00| プリザーブドフラワー・作品